© 2019 Hypno+Body AGNILASA.

ABOUT

ヨーガ講師や語学講師、輸入販売の経営者などとして、また旅人として、人々と接する中で、ふと伝わってくる「本質」といえるようなエネルギーに強く興味が向くようになりました。

自分の浄化やメンテナンスをしていくことに加えて、いつからか「人の可能性を身体を通してもっと現していくことにかかわりたい」という思いから、独自に個人セッションを始めていました。

幼いころから、直観的なメッセージに常に導かれていることを認識していて、また精神世界にも強く興味を持ってきましたが、いちばん大切なことは、そのような世界と、現実の世界のバランス感と思っています。それらが車のクラッチのようにぴたっと合う時、力強く人生の中で発進していくようにずっと感じていました。

私自身、ある時連続して、高熱・猛烈な身体の痛み・腫れ・悪性腫瘍に止まらない出血など、今まで経験したことのないような身体の症状に苦しんだ時期があったのですが、その経過する過程で、常識や、恐怖・不安を軽く凌駕してしまうような、「自己治癒力」「自分自身」という大きな存在を、背骨でがしっと掴んだように感じる体験をしました。

その身体的な感覚は、まさに自然の力強さであり、果てしない安心感でもあり、その一瞬で、「人はものすごい勇気を持つことができる」ということが分かりました。

そして意識、思考のパワーと、そのシンプルさ。

身体の自己治癒の力に限らず、生きること全てにおいての無限の可能性が誰にでもあります。

そして、自分の本質を生きることを決めた瞬間からそれらが動き始めます。

 

私は二人の子の母なのですが(やりたいことをやっているから全然見えない、とよく言われますが、、それってすごく古い概念ですね)、親と子、という関係性において、子供のことで悩んでいたり、または自分を責めたり、苦しんでいる(多くは苦しんでいることすらマヒしている)お母さんに出会うことがあります。

 

自分自身を信じる、ということは、同時に自分以外の存在も個々に尊重することができるということです。

例えばそれが親と子の関係なら、子供たちはすぐにそれを感じとり、自然と安心して自分らしく伸び伸びと成長していきます。(人から見て良い子ということでも、自分勝手ということでもなく、本質的な自由人ですね)

それぞれの今ある生活を楽しみ、悲しみ、怒り、喜ぶ、ということを真剣に体験し、手放していくこと、そしてそこに入ってくる豊かさ、その全てを味わい、日々ともに学びを続けていきましょう。

本気でそのサポートを必要としている方には、こちらも本気でサポートします。

 

この「私」での人生は一度きりです。

 

Agnilasa

池田由美子

長野県麻績村在住❖旅人

> ブログ

> セッションメニュー

"The supreme law of the land is the Great Spirit's law, not man's law."
_